清水物流センター竣工式が執り行われました

更新日:2014年03月17日 カテゴリ:清水物流センター 行事

 

平成26年3月10日
清水区高橋町にて清水物流センターが完成し、竣工式を挙行いたしました。 静岡県が推進する「内陸フロンティア構想」の第1号として川勝平太知事、経済ジャーナリストの財部誠一様を始め多くのご来賓の方々に参列頂きました。
又、ご来賓の皆様をはじめ、近隣住民の方もお呼びしての餅まきを行い、完成の喜びを分かち合いました。

代表取締役挨拶
「景気はまだ悪い時だったが 我々は”投資なくして変化なし”と考え3年半前より、運送・倉庫に関わる事業は何でも
行ってきました。 今回の建設は売上規模の倍以上の投資となります。 よく銀行が融資をしてくれました。」

《倉庫概要》
・海抜18mの高台(岩盤地層)に位置し、敷地面積は12,000平米・倉庫面積は15,838平米となります。
・庫内照明はLEDを採用し、Co2削減にを図ります。
・屋根部には太陽光パネルを設置、庫内照明は除湿機16台を完備して通年湿度70%以下を維持することができます。
・非常時には約12時間稼働する非常用発電機を保有しております。
・今後予想される東海・南海・東南海の各大規模地震に耐え、東名清水インターより5分の好立地にも恵まれて
おり、新東名はもちろん翌年には中部横断自動車道とも接続されます。
・弊社で展開する水事業を利用して、万が一の有事の際には、救援物資等の拠点として飲料水の備蓄や施設の開放
といった事を静岡市と協議して参ります。

県・市を始め清水銀行・日本政策金融公庫の金融機関など色々な方の後押しを受けて今回の竣工に至りました。
弊社の社是である「人間力を高めよう」をスローガンにお客様の役に立つことを考えこれからも事業継続に取り組んでまいります。